会長テーマ2017-2018

ライオンズクラブ国際協会の目的

「意気と情熱で地域社会にWe Serve」

第58代会長 奥田 順
kaityo

 我々ライオンズクラブは、地域社会で眼病、献血、青少年に加え、災害などさまざまなニーズに対応した奉仕を実施してきている。  今後も、地域社会がグローバル化・多様化する中にあって、更に人間の力(意気と情熱)を原動力として、地域社会のニーズに応えるために、精力的に一年間を頑張っていきたい。

《クラブ運営の基本的な考え方》
 八尾ライオンズクラブは歴史と伝統のあるクラブである。
 この一年も大きな節目ではないが、なくてはならない大切な歴史の中の1ページである。
 先達たちが汗と涙と笑で築き上げてきた歴史と伝統を踏まえながら、更に確かなものとして次代に引継ぎすることが、この一年を任された我々役員に課された責務と考えている。

 このことから、八尾ライオンズクラブの組織について、
  • 委員会については、入会年次の浅い会員の登用を実施し、新鮮な考え方、発想の多様性を求めた。
  • 特別委員会を設置するにあたり、特に次世代委員会の構成については、ニーズの発掘を始めとしてアクティビティが効果的に実施できるように入会年次の浅い会員と長年の経験を持つ会員とのバランスを図った。
  などを行い、効果的に実施できる体制とした。

そのことを踏まえて特に本年は、次世代を担う青少年を対象とした各種のアクティビティに力を注ぎたいと思っている
 結果として、組織として常に取り組んでいることについて、役員及び各会員の立ち位置をしっかり認識して、風通しのいい運営をしたい。このことはクラブ会員が会員相互理解の絆が深まり、出席率の高いメリハリのある楽しい例会と、すべての人が参加できる楽しいアクティビティの実施を行っていきたい。