ライオンズクラブの歴史

ライオンズクラブの歴史

ライオンズクラブ国際協会は、1917年、アメリカのシカゴ市で誕生しました。創立者メルビン・ジョンズは、社会のための有益な団体にならないかを考えて各種団体に呼びかけ、社会奉仕団体の結成を計画しました。 ここに正式に「ライオンズクラブ国際協会」が結成されました。日本では、1952年(昭和27年)3月、フィリピンのマニラライオンズクラブによって、東京ライオンズクラブが誕生し、その後、全国に約3千クラブが結成され、現在世界第2のライオンズ国となっています。 八尾ライオンズクラブは、大阪南ライオンズクラブのスポンサーのもとに1960年3月24日、日本で169番目、335B地区(大阪・和歌山)に於て13番目のクラブとして結成されました。
歴代会長 初代〜57代
初代 矢倉 福次郎 18代 梅田 實三郎 35代 飯田 勝 52代 新門 正昭
2代 高木 金一 19代 古橋 了 36代 塚谷 俊介 53代 野澤 藤吉
3代 寺坂 登 20代 今川 金治 37代 佐郷 隆司 54代 瀧山 謙
4代 早川 真吉 21代 大石 章 38代 青柳 貞夫 55代 髙木 陽一
5代 谷口 安吉 22代 細見 二郎 39代 井上 愿彦 56代 坂上 耕造
6代 加藤 源一 23代 大久保 守 40代 中西 博 57代 有澤 博道
7代 礒山 正次 24代 川本 克己 41代 小角 道男
8代 久田 良吉 25代 安藤 数雄 42代 島田 佳尚
9代 小川 佐小蔵 26代 辻花 栄蔵 43代 岩田 勝
10代 西村 末吉 27代 手嶋 秀夫 44代 菅 春水
11代 小池 十太郎 28代 内田 丞 45代 服部 憲典
12代 黒田 靖之助 29代 保坂 春雄 46代 田中 弘
13代 長沢 豊ニ 30代 林  安男 47代 神立 悦ニ
14代 西尾 厳 31代 渡邉 日吉 48代 阪井 孝守
15代 森 豊 32代 浅井 種男 49代 西岡 照晃
16代 北畑 金治 33代 河端 茂樹 50代 葭仲 俊幸
17代 村本 平太郎 34代 中村 平三郎 51代 池田 貴彦